一番よい

これからの社会において最も重要視される能力というとやはり英語であると思います。
私も現在、現在仕事において英語を使う機会が増えてきており、英語を必死に勉強しているところです。
もっと学生時代など時間が取れるときに真剣に英語を勉強しておけばよかったと思っています。
特に、学生時代などに一度は留学を経験してみたかったと思います。
というのも、英語の習得においては留学が最も効率的であると考えるためです。
日本で英語を学んでも、当然のことながら日常生活はすべて日本語になります。
英会話教室では英語、そして英会話教室から一歩出ると日本語というように、英語と日本語のスイッチを切り替えていく必要があります。
これって英語を学ぶ上で大きなデメリットであると考えられます。
たとえば英語圏に海外旅行をしたときにははじめのうちは英語がなかなか聞き取れなくても、ずっと英語を聞いているうちにだんだんと英語が聞き取れるようになってきます。
これは耳も、そして脳も英語に対して順応してきているためです。
一方、日本語と英語を交互に聞いていると、なかなか英語に対して順応していくことができません。
ひたすら英語を聞き続け英語に対して順応する、そして勇気を持って英語で話しかけるということが英語をマスターする上で最も効果的な方法であるといえます。
そしてこれを実現する上で最も手っ取り早くて効果的なのが留学です。
社会人となるとなかなか留学のための時間をとるということは困難です。
やはり時間的に余裕のある学生時代が留学の最も大きなチャンスであるといえます。
私の子供たちの時代になるとおそらく現在以上に英語の重要性は増していると思います。
そのような時代において子供が苦労しないためにも、できることならば子供には留学というチャンスを持たせてあげたいと考えています。
留学においては費用が結構かかるため、将来の子供の留学に備えていまから貯金をしていこうと考えています。